駄文

個人的備忘録

精神障害と仕事。

双極性障害(躁鬱)と診断されて3ヶ月くらい経った。今でも仕事を続けている。

 

まずはじめに、双極性障害がどんな病気かというのを自分のおさらいを含めて記す。(実は私もよくわかっていなかったりする…)

 

最初に行った病院では抑うつ状態と適応障害という診断だったが、病院を変えたら変わった。

精神病は普通の病と違い医師が患者との対話で得た情報で病名を判断するため、その医師のさじ加減で診断が変わることはいくらでもある。

診断が合っていないと薬が全く効かなかったり、はたまた逆効果だったりするから困りモノだ。

 

うつ病抑うつ状態と呼ばれる憂鬱で気分の晴れない状態がおよそ2週間以上続く。

 

双極性障害の場合はうつ状態と、躁状態という気分がハイになる状態を繰り返す。繰り返すスパンは人それぞれ。いつその時がくるかもわからない。

鬱の時は何もかもが憂鬱で、出歩く気も人と会う気も起きない。理由もわからず悲しくなって人目も憚らず泣いてしまう。

躁の時は、全ての景色が鮮明で、ハツラツとしていて、頭に色々なことが思い浮かぶし、色々行動してみようと思える。一見とてもいい事のように見えるが、一方で金銭感覚がおかしくなったり、他者に対して攻撃的になったりもする。

自分の中で、うつ状態の時期と躁状態の時期はなんとなくわかっているから、

躁の時はできるだけ多弁やアグレッシブにならないようにしようと心がけてはいる。それでも躁を抑え込むのは難しいんだけども。

また、 うつ病の薬を服薬すると躁転してしまい希死念慮や自殺願望を引き起こすこともあるという。私の場合は希死念慮が強いため主治医がそこに留意しながら処方してくれる。

 

なかなか難しい病気だ。

一番は療養する事だけど金銭面で不安が残るし、私の性格上休んでしまったら二度と社会復帰ができないような気がして働きながら治療している。

これから一生付き合っていかなければならない病気だけど、決して普通の生活が送れないわけではないとは思う。わたしの考える「普通」の生活っていうのは、

普通に物事に直面しては悩んで

普通に美味しいものを食べて美味しいと言えて

普通に仕事をして

普通に人と出会い、交友の幅を広げ

普通に恋愛をし、結婚をする

そんなところだ。基準が曖昧なだけに「普通」の定義は難しい。

 

こういう病気を抱えていない人が、精神障害を持っている人間を理解するのは難しいかもしれない。それは当たり前だ。私だってガン患者の苦悩は予想することはできても、はっきりとはわからない。

だけど少しだけでも歩み寄ってもらえたら嬉しい。そしたら普通の生活ができる人がきっと増えると思う。お願いしてばかりじゃずるいから、こちらも努めて生きようとしたい。