駄文

個人的備忘録

生きろというのは難しいんだなあ。

死にたいと思っている人に生きろって言うのって結構難しい。

だって私も死にたいと思ったことが何度もあるからだ。

生きることがもうどうしようもなく苦痛で仕方なくて、結果として出てくる言葉が「死にたい」。

もしくは、自分の居場所がわからなくて「生きてても無駄」というワードで頭が埋め尽くされる。

そういう状況は本当に苦痛だから、生きろと引き止めるのは野暮のように思えてしまう。生きてたらいいことがあるよなんて言うのは無責任じゃないかとも感じる。

それでも生きてって言いたい。これは私のエゴだ。誰かが死んでしまうのは私が悲しいから死なないでっていうただのエゴ。それでも誰にも自殺なんかして欲しくないから生きて欲しいって言う。

悩みがあるなら誰かに相談すれば良いし、なんなら私が話だけでも聞く。

 担当医に言われたのは、とにかく話を聞いてもらいなさいってことだ。

私はあなたではないから、なんのアドバイスもできないけど、黙って聞くことくらいはできるし、死ぬなと引き止めることは可能だ。

 

たくさん薬を飲んだりだとか、手首を切ったりだとかをしたいと思っても少し落ち着いて考えて欲しい。ドラッグオーバードーズをしたら後で胃洗浄が待ってるし、リストカットしたら傷跡が残る。そんなことは百も承知だよね。そんなんで思いとどまれるならそんなになるまで精神がボロボロになったり、生きづらさを感じてないよね。難しいなあ。答えは見つからない。

みんなが幸せになりますように。

これ、寝言です。むにゃむにゃ。